おすすめ投稿

家庭用脱毛器の本当の効果とは?脱毛器の実態を暴露

家庭用脱毛器の効果
クリニックやサロンにいくのは面倒。
できれば自宅で脱毛したい。

そこで登場するのが家庭用脱毛器です。

しかし、多くの方が思っているのは本当に家庭用脱毛器は効果があるの?
ということではないでしょうか。
自宅で脱毛できても綺麗に脱毛できなければ意味はありません。

家庭用脱毛器でも十分綺麗に脱毛できる

家庭用脱毛器では綺麗に脱毛できないと思っている人も多いようですが、
十分に綺麗に脱毛することが出来ます。

効果としてはサロンと変わりはありません。

サロンで使われている脱毛器も家庭用脱毛器も
IPLという光を発するフラッシュ脱毛器で、
効果の目安である出力も同じです。

というのも脱毛は法律にかかる行為で、
本格的な脱毛はクリニックや病院でしか行えない医療行為です。

対して家庭用脱毛器やサロンで行われいている脱毛は、
正確に言えば減毛です。

フラッシュ脱毛器はお肌に強いダメージが残らないように出力が抑えられ、
効果も限定されます。
実際にサロンのフラッシュ脱毛器は誰でも使う事ができる家電扱いですが、
クリニックなどのレーザー脱毛は医師管理下の元、医療従事者しか使えません。

つまり、家庭用脱毛器もサロンも効果は一緒なのです。
これが多くの人が誤解している真実です。

何故家庭用脱毛器の効果が低いと思っている人が多いのか?

効果が低いわけ
家庭用脱毛器の効果が弱いと思っている人が多いのは、
思い込みもそうですし、低価格で性能が低い脱毛器が多いからです。

自宅で脱毛しようと思う人は、出来るだけ安く脱毛したいと思っています。
そうなると、安い脱毛器を購入してしまい、結果的に効果が弱くなります。

自宅でサロンと同じ効果を出すためには高性能の家庭用脱毛器が必要です。

当然高性能ですから価格も高くなります。

しかし、サロンと比べれば全然安いですし、
それに家庭用脱毛器の場合は半永久的に使えるのでコスパーが良いです。

まずご理解して頂きたいのは、自宅でしっかりと脱毛したいなら
お金はかかりますし、全身脱毛しようと思えば安く出来る方法はありません。
家庭用脱毛器が安いというのは、サロンやクリニックに比べてだけの話です。

家庭用脱毛器を使うならケノン

ケノン
家庭用脱毛器の中で最も高性能で且つ最も売れているのはケノンです。

ケノンの特徴は、
●脱毛効果が高い
●ランニングコストが安い
●痛みが少ない
●照射面積が広い
●美顔器としても使える
●脱毛が終わればあまり毛が生えなくなる
などです。
これらの特徴はどれをとっても業界TOPです。

もっとわかりやすくいうと、単純な効果ならサロンと同じか、
出力を自由に設定できる分サロンよりケノンの方が効果を感じやすいかも知れません。

また、サロンと違い脱毛が終わっても使い続ける事ができるので、
コストパーも断然に上です。

自宅で本格的に脱毛したいなら、ケノン一択といっても過言ではありません。

家庭用脱毛器とサロンとクリニックどれが良い?

基本はクリニックで永久脱毛するのが最も良いです。

家庭用脱毛器やサロンと違い一度脱毛を終わらせば
ほぼ毛が生えてくることはなくなります。

しかし、その分価格が高くなり、お肌への負担も大きです。

対して家庭用脱毛器やサロンは、
安く脱毛はできますが、永久脱毛をすることは出来ません。
多少ではありますが、毛が生えてくるようになります。

また、家庭用脱毛器とサロンは効果は変わりませんが、
家庭用脱毛器の方が早く脱毛を終わらせる事が出来ます。

サロンで全身脱毛しようと思えば、
3~5年はかかりますが、家庭用脱毛器は1年~1年半です。
もちろん、価格も断然安いです。

ただし、その分自分で脱毛するので手間はかかります。

要するにクリニックがベストではありますが、
お金の問題などで、家庭用脱毛器やサロンと選ぶ人も多いのです。

個人的には全身脱毛するなら、サロンに行くくらいなら
家庭用脱毛器の方が良いです。

口元のしわ対策

口元 しわ
女性が最も老けたと見られる理由の一つが口元のしわです。
どんなに顔が綺麗でも口元のシワがあるだけで、
年齢よりも上に見られます。

ということで、今回は口元のしわの原因や対策についてお話していきます。

口元のしわの原因は?

口元のしわの原因とっても上げれば沢山あります。
ここでは原因として大きな要因をピックアップしてお届けいたします。

その1.良く動かす部位だから
意外と知られていませんが、口元は毎日動かす部位なのでシワになりやすいのです。
毎日動かすと引き締まると思っている人も多いのですが、
実は逆です。

洋服もそうだと思います。
どんなに丁寧に着ていても何度も洗濯しているとシワになりやすくなり、首元が寄れたりします。
口元の同じです。

しかし、だからとって口元を動かさないというのも違うので仕方のない事でもあります。

その2.コラーゲンの減少
加齢や肌トラブルなどの原因でコラーゲンが減少したり、繊維がもろくなって口元にしわが出来ます。
コラーゲンはお肌の土台になり、このコラーゲンが減少すれば、どんなにマッサージをしても意味はありません。
繊維がもろくなっている状態でマッサージをすれば悪循環です。

その3.ヒアルロンの減少
ヒアルロン酸はお肌の水分量を調整し、弾力やハリを与える働きがあります。

このヒアルロン酸は丁寧なスキンケアや食事を心がけないとすぐに駄目になるので、
毎日の積み重ねが必要です。

コラーゲンを補う事が最も効果的な口元のしわ対策

コラーゲン解説図
一番わかりやすい口元のシワ対策はコラーゲンを増やす事です。
お肌の土台になっているコラーゲンが減少していれば、どんな対策も意味はありません。

一般的にコラーゲンを増やすものも、コスメや飲むコラーゲンではないでしょうか。

しかし、外部から取り入れたコラーゲンは、体内で増やすことは出来ません。

コスメの場合、お肌の真皮には届かず角質層にしか成分が行き渡りませんし、
飲むコラーゲンも体内で紹介されてしまい、体内のコラーゲンとして蓄積出来ません。

医学的にも体外からコラーゲン摂取は難しいようです。

それではどうすれば良いのかと言うと、成長ホルモンを増やす事です。

成長ホルモンは若返りホルモンと言う別名で、
しわ対策に最も効果的な方法です。

しかし、この成長ホルモンは一朝一夕で増やせるものではなく、
規則正しい生活から生まれる物です。

例えば、「ビタミンやたんぱく質などバランスの良い栄養を摂取する」
「運動不足解消」「寝不足解消」「ストレス解消」
などです。

言うのは簡単ですが、実際やるのは大変です。

ですから、まずは出来る事から少しずつ始める事が重要です。

つまり、コラーゲンを増やす最も良い方法は規則正しい生活を続ける事なのです。

マッサージしても口元のしわは解消されない

口元に限らず、しわを改善するためにマッサージをする人がいます。

しかし、マッサージは逆効果になる可能性があります。

というのもシワと言うのは表面に出来ているように見えても
実はお肌の奥にあります。

そして、シワができやすくなっているのはコラーゲンの繊維がもろくなっているからで、
そのもろくなっている所にマッサージをしてまうとさらにもろくなり
お肌のしわを増やす原因になります。

さらに言うと触れば触るほどお肌が老化してしまうのです。

なので、お肌のしわ対策でマッサージは悪循環だと理解して下さい。

脱毛サロンの効果の実態を解説。本当は効果なし?

脱毛サロンは本当は効果がない
脱毛するならサロンと思っている人も多いと思います。
一昔前なら脱毛するのは医療機関でしか行えなかったのですが、
今はサロンでも手軽に脱毛をすることが出来ます。

しかし、サロンは本当に効果があるのか不安に思う人が多いのも事実。

そこでこのページでは脱毛サロンの効果の実態についてお話していきます。

本来脱毛は医療機関だけ

今では脱毛するのはサロンが最も多くなりましたが、
本来脱毛できるのはクリニックなどの医療機関のみでした。

脱毛の毛細細胞の解説図

というのも脱毛は、毛乳頭、皮脂腺開口部等、毛を生やす器官を破壊する行為で、
それは医療効果に当たるので、サロンでは本来脱毛はできないのです。

しかし、お肌へのダメージが少なく出力が低いフラッシュ脱毛器なら、
直接毛細細胞に影響を与えないという事で、サロンが脱毛を出来る事になったのです。

ただ、その辺の境界線は曖昧で、どのくらいの出力ならOKでNGなのか決まりはありません。
実際にサロンや家庭用脱毛器で脱毛してもムダ毛の量が減ったり、少ししか毛が生えない状態になっています。
という事は、毛細細胞に何かしならダメージを与えている可能性があるとも言えます。

どちらにせよ一つだけ言えるのは、フラッシュ脱毛で毛細細胞などの器官を
破壊する事はできないということです。

脱毛サロンで何処でも綺麗に脱毛出来るの?

先ほどお話したように脱毛サロンでは毛細細胞などを破壊できないので、
完全にムダ毛を処理することは出来ません。

脱毛を終えた後でも多少なりともムダ毛が生えるようになります。

様々なサイトの口コミを見ていると、ほとんどムダ毛が生えないと言っているの見かけますが、
それはやらせか脱毛が終わってそれほど期間が経っていないだけです。

個人差はありますが、脱毛効果を感じやすい人でも
いずれは産毛くらいは必ず生えるようになります

つまり、脱毛サロンの効果は永久脱毛することは出来ませんが、
それなりには綺麗に脱毛できる効果はあるのです。
もちろん、それは家庭用脱毛器でも同じです。

脱毛サロンのデメリット

脱毛サロンでも脱毛効果はありますが、
デメリットもあります。

■脱毛期間が長すぎる
■意外と料金が高い

脱毛サロンは出力が低いフラッシュ脱毛なので、
一度の脱毛で処理できるムダ毛の量が少なく、回数が必要になります。
そして回数が必要になるとという事は期間が長くるという事。

サロンで全身脱毛しようと思えば、
3~5年はかかります。
また、サロンは基本予約制なので、都合が合わず予約のタイミングと合わなければさらに長引く可能性もあります。
以前、ミュゼが予約が全然取れないと話題になりましたが、
意外と予約する人たちの時間帯が被るので、思うように予約は取れないのです。

次に意外と料金も高いです。
新規入会させるためにどのサロンも安い料金で部分的な脱毛ができるキャンペーンを行っています。
ただ、それはあくまでも限られた部位や回数に制限があります。

全身脱毛するとなると何だかんだで30万円はしてしまいます。

脱毛サロンにもこのようなデメリットもあります。

脱毛サロンに行くよりもクリニック?

家庭用脱毛器の本当の効果とは?脱毛器の実態を暴露でも少し触れましたが、
基本はクリニックです。

クリニックは料金が高くなり、痛みもありますが、
少ない回数で永久脱毛する事が可能です。
また、医療機関と言うのも安心材料です。

しかし、絶対にクリニックが良いというわけではありません。

お金の問題もそうですが、意外とクリニックは地方に少ないという欠点もあります。
クリニックに行きたくても近くになく、近くなる皮膚科の医療脱毛は、
旧式のレーザー脱毛器を使っている事もあり、
しっかりと永久脱毛できないケースもあります。

また、中には完全に永久脱毛できなくても良く、
特定の部位だけの毛が薄くなれば良いとニーズもあります。

つまり、普通に考えればクリニックでも人によってはサロンの方が良い場合もあるのです。
もちろん、それは家庭用脱毛にも言えます。

とにかくこのページで言いたいのは、
サロンでもある程度の脱毛効果はあるが、デメリットもあるという事です。

ワキ脱毛は医療脱毛で完全に永久脱毛する事がおすすめ!

医療脱毛

女性なら一度はワキ脱毛を検討するのではないでしょうか。
正直女性でワキ毛が生えていると、どんな綺麗な方でもひかれてしまいます。

他の部位はまだしもワキ脱毛だけは済ませたいとこ。
そこで、どうすれば低価格で短期間で綺麗にワキ脱毛できるのかについてお話していきます。

ワキ脱毛は医療脱毛が必須

ワキ脱毛する際、サロンかクリニックか迷う人も多いのではないでしょうか。
(家庭用脱毛器は今回は除く)
特にサロンはミュゼでは数百円で脱毛できてしまい、
サロンに心が揺れるてしまいます。

しかし、ワキ脱毛に関してはクリニックなどで医療脱毛が良いです。

というのもサロンでワキ脱毛するのは確かに安いですが、
永久脱毛はできないので、いずれムダ毛が生えるようになります。
脱毛する前のようには生えませんが、産毛くらいは生えるようになります。

これが男性なら良いのですが、女性だと例え産毛でもワキ毛は嫌だと思います。

また、サロンは脱毛回数が必要で、ワキだけでも2年はかかってしまいます。

対して医療脱毛は、一度脱毛が終わればムダ毛は生えません。

最新の医療レーザー脱毛は性能が高く、産毛も生えないくらいまで永久脱毛出来ます。

他の部位なら多少産毛くらい生えても大丈夫かも知れませんが、
流石にワキ毛は完全に永久脱毛したいと思います。

医療脱毛のワキ脱毛の回数と料金

それでは医療脱毛でワキ脱毛した場合、気になるのが料金と回数です。
そのクリニックよってまちまちでが、一般的には
「5回⇒12,000円~20,000円くらいが相場です」
医療脱毛の場合、ワキなら5~6回で完全に永久脱毛できてしまいます。

脱毛間隔は2ヶ月くらいので期間は約1年です。

お金をケチって、サロンに行き、時間をかけて永久脱毛できないなら、
このくらいのお金をかけて短期間に永久脱毛したほうが良いと思います。

医療レーザー脱毛でワキ脱毛するデメリット

医療レーザー脱毛でワキ脱毛するデメリットは、
痛みがあるということです。

ワキは痛みに敏感な部位で、出力が高い医療レーザー脱毛を受けると、
多少なりとも痛みはあります。

しかし、痛みがあるといってもクリニックですので、
麻酔クリームや笑気麻酔も使えます。

それらを使えばそんなに痛みは感じませんし、
なくても十分に耐えられるレベルです。

今の医療レーザー脱毛は進化していて、
昔の医療レーザーに比べ痛みは抑えられています。
安心して脱毛して下さい。

もし敏感肌で不安なら無料カウンセリングを受けるのもあります。
無料で色々相談に乗ってくれます。

とにかく、ワキ脱毛をするなら間違いなく医療脱毛がおすすめだと理解して下さい。

美肌に欠かせないセラミドがいまいち理解されていない現状

セラミド入りコスメ

ここ数年セラミドと言う言葉が多く聞かれるようになりました。
セラミド配合のコスメも良く見かけます。

しかし、まだまだ美肌には欠かせないセラミドの重要性を認識していない人も多いと思います。

当サイトは脱毛の情報を中心に発信していきますが、
せっかく脱毛しても美肌でないと少し悲しい感じがします。

ですから、脱毛とセットである美肌も大切で、
美肌に重要なセラミドのお話をしていこうと思います。

そもそもセラミドって?

我々のお肌にある角質層は、外部からのウイルスや刺激からお肌を守ってくれる働きがあります。

その角質層は角質細胞がいくつも重なって出来上がっています。
そして角質細胞を隙間を埋めているのが「角質細胞間脂質」と呼ばれるものです。
この角質細胞間脂質の原料となっているのがセラミドなのです。

つまり、セラミドが減少するということは、
角質層のバリア機能が低下し、水分保持ができなくなります。

そうなると外部からの刺激に耐えられなくなり、
肌荒れやしわなどになっていきます。

実際に肌トラブルが多かったり、敏感肌だったりする人は
セラミドが不足しているという状態になっています。

ですから、お肌に潤いを保ち、外部からの刺激にも負けないお肌を作るためにはまずはセラミドが重要なのです。

セラミドの配合のコスメを使えば良い?

確かにセラミド配合のコスメはセラミドが配合されていないコスメよりは良いです。

しかし、一口にセラミドといっても様々な種類があり、
全てのセラミドが良いとは言えません。

セラミドの種類解説図

セラミドの種類は大きく分けて、「合成セラミド」「天然セラミド」にわけられます。

一見天然セラミドが良いと思いますが、
セラミドに関しては合成セラミドを選ばなくてはいけません。

天然セラミドと言うのは、
「動物セラミド」「植物セラミド」に分かれます。

これらのセラミドもセラミドであることには変わりませんが、
そもそも動物や植物のセラミドと人間のセラミドは違います。

例えば動物セラミドであれば馬の脊髄から抽出したものが多く、
植物は、大豆や米などが多いでしょう。

それらのセラミドと人間のセラミドは性質が違うので、
体内に吸収されることはありません。

対して合成セラミドは、ヒト型セラミドともいい、
人間の構造に合わせたセラミドを作っています。
そのため、お肌への吸収力も保湿力も高いのが特徴です。

しかし、注意してほしいのは、
一般的にイメージの問題もありヒト型セラミドを合成セラミドと言う表現を使いません。
一般的に合成セラミドと表現してあるのは、疑似セラミドの事です。

この疑似セラミドは疑似なので、そもそもセラミドはありません。

ヒト型セラミドの見分け方

色々なセラミドを紹介してきましたが、
ヒト型セラミドを見極めるのは実は簡単です。

成分表記にセラミド+数字が書かれているものがヒト型セラミドです。

具体的に実例を紹介すると、
セラミド1:水分保持、外部刺激に対するバリア
セラミド2:皮膚への保湿力が高い
セラミド3:水分保持、シワ軽減
セラミド4:角質の脂質バリアを作り、それを保持する
セラミド5:角質の脂質バリアを作り、それを保持する
セラミド6:セラミド3の効果+、正常なターンオーバーの促進
セラミド6Ⅱ:セラミド3の効果+、正常なターンオーバーの促進
などです。

これらのヒト型セラミドを参考にコスメ選びをしてみれば良いと思います。

その他のセラミドは以下のような表記です。

●動物セラミド
セレブロシド、ビオセラミド、ウマスフィンゴ脂質など

●植物セラミド
グルコシルセラミド、コメヌカスフィンゴ糖物質、植物性セラミド
などです。

尚、ややこやしいのは、販売サイトやチラシなどに
天然ヒト型セラミドと書かれているのがありますが、
それも基本は合成セラミド=ヒト型セラミドと同じです。

人間の身体から直接セラミドを抽出することはありませんので、
必ず成分表記でどのようなセラミドなのか確認して下さい。