美肌に欠かせないセラミドがいまいち理解されていない現状

セラミド入りコスメ

ここ数年セラミドと言う言葉が多く聞かれるようになりました。
セラミド配合のコスメも良く見かけます。

しかし、まだまだ美肌には欠かせないセラミドの重要性を認識していない人も多いと思います。

当サイトは脱毛の情報を中心に発信していきますが、
せっかく脱毛しても美肌でないと少し悲しい感じがします。

ですから、脱毛とセットである美肌も大切で、
美肌に重要なセラミドのお話をしていこうと思います。

そもそもセラミドって?

我々のお肌にある角質層は、外部からのウイルスや刺激からお肌を守ってくれる働きがあります。

その角質層は角質細胞がいくつも重なって出来上がっています。
そして角質細胞を隙間を埋めているのが「角質細胞間脂質」と呼ばれるものです。
この角質細胞間脂質の原料となっているのがセラミドなのです。

つまり、セラミドが減少するということは、
角質層のバリア機能が低下し、水分保持ができなくなります。

そうなると外部からの刺激に耐えられなくなり、
肌荒れやしわなどになっていきます。

実際に肌トラブルが多かったり、敏感肌だったりする人は
セラミドが不足しているという状態になっています。

ですから、お肌に潤いを保ち、外部からの刺激にも負けないお肌を作るためにはまずはセラミドが重要なのです。

セラミドの配合のコスメを使えば良い?

確かにセラミド配合のコスメはセラミドが配合されていないコスメよりは良いです。

しかし、一口にセラミドといっても様々な種類があり、
全てのセラミドが良いとは言えません。

セラミドの種類解説図

セラミドの種類は大きく分けて、「合成セラミド」「天然セラミド」にわけられます。

一見天然セラミドが良いと思いますが、
セラミドに関しては合成セラミドを選ばなくてはいけません。

天然セラミドと言うのは、
「動物セラミド」「植物セラミド」に分かれます。

これらのセラミドもセラミドであることには変わりませんが、
そもそも動物や植物のセラミドと人間のセラミドは違います。

例えば動物セラミドであれば馬の脊髄から抽出したものが多く、
植物は、大豆や米などが多いでしょう。

それらのセラミドと人間のセラミドは性質が違うので、
体内に吸収されることはありません。

対して合成セラミドは、ヒト型セラミドともいい、
人間の構造に合わせたセラミドを作っています。
そのため、お肌への吸収力も保湿力も高いのが特徴です。

しかし、注意してほしいのは、
一般的にイメージの問題もありヒト型セラミドを合成セラミドと言う表現を使いません。
一般的に合成セラミドと表現してあるのは、疑似セラミドの事です。

この疑似セラミドは疑似なので、そもそもセラミドはありません。

ヒト型セラミドの見分け方

色々なセラミドを紹介してきましたが、
ヒト型セラミドを見極めるのは実は簡単です。

成分表記にセラミド+数字が書かれているものがヒト型セラミドです。

具体的に実例を紹介すると、
セラミド1:水分保持、外部刺激に対するバリア
セラミド2:皮膚への保湿力が高い
セラミド3:水分保持、シワ軽減
セラミド4:角質の脂質バリアを作り、それを保持する
セラミド5:角質の脂質バリアを作り、それを保持する
セラミド6:セラミド3の効果+、正常なターンオーバーの促進
セラミド6Ⅱ:セラミド3の効果+、正常なターンオーバーの促進
などです。

これらのヒト型セラミドを参考にコスメ選びをしてみれば良いと思います。

その他のセラミドは以下のような表記です。

●動物セラミド
セレブロシド、ビオセラミド、ウマスフィンゴ脂質など

●植物セラミド
グルコシルセラミド、コメヌカスフィンゴ糖物質、植物性セラミド
などです。

尚、ややこやしいのは、販売サイトやチラシなどに
天然ヒト型セラミドと書かれているのがありますが、
それも基本は合成セラミド=ヒト型セラミドと同じです。

人間の身体から直接セラミドを抽出することはありませんので、
必ず成分表記でどのようなセラミドなのか確認して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です